弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
波多野 進弁護士

波多野 進弁護士 はたの すすむ

弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
労働問題
全国 8
大阪府 6
050-5854-9605
現在営業中
09:30 - 17:30
「感謝の声」をおくる
同心法律事務所
大阪府大阪市北区西天満2丁目2番5号同心ビル4階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,285 件/匿名:0件

諾否の自由がない、委託者の仕事しかしていない、仕事道具も持っていない、裁量もないなどのいくつかの要素が認められるかどうかだと思います。

0
回答日 2017年09月25日 22:34
この回答がある質問
労働基準法

セクハラでもありパワハラにもなりうる発言と思います。このような人は罪の意識がないことが多く繰り返す可能性が高いので音声などの客観的証拠を確保することと証言してくれる人の確保が重要だと思います。また、...

0
回答日 2017年09月24日 23:08

拘束時間中に即座の対応を求められる(例えば電話番や警備会社などの警報の対応、呼び出しの対応、仮眠中の看護師さんでもコール対応することが前提になっていたら寝ていても労働時間です)かどうかだと思います。...

0
回答日 2017年09月24日 18:27
この回答がある質問
休憩時間

金額も大きくなく本給の未払いの場合には労基署に指導、是正を求めるのが一番効果的且つ経済的です。

0
回答日 2017年09月24日 18:04
この回答がある質問
欠勤

訴えが提起される可能性があると思います。額は事実関係証拠によって決まるので、何とも言えませんが、300万円までにはならない可能性は十分あると思います。 早めに実際に弁護士と面談して相談なさったらいい...

0
回答日 2017年09月23日 12:47
この回答がある質問
不倫慰謝料

時間の記録が客観的にあるなら、超過勤務が認められる可能性が十分あると思います。また医師の方の場合、形式上の休憩時間が設定さられていたとしても、その時間帯も患者対応の呼び出しやPHSのコールに即対応す...

0
回答日 2017年09月23日 09:18
この回答がある質問
労働時間

そもそも返品が出たらアルバイトに支払いを求めたり退職と結びつける根拠が全くないと思います。ハラスメントや義務亡きことを強要しているに該当するように思います。

0
回答日 2017年09月22日 23:51
この回答がある質問
脅迫・強要

誓約書を取り戻すのはは難しいと思いますが、事情が変わったということで警察に友人と和解した連名で説明文書を提出したらどうでしょうか。

0
回答日 2017年09月22日 08:47
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

①払わないといけないと思います。 ②不当と思います。 ③違法だと思います。 ⑤一つの証明手段ですが、やはりタイムカードがあった方がいいです。まずはきちんと事実どおり打刻して他にもメールや写メなどで証...

0
回答日 2017年09月20日 22:49
この回答がある質問
タイムカード

違法だと思います。賃金は全額支払う義務があるので。 一方的に相殺されたらその賃金の請求、それだけではなくおそらく残業代も未払いと思いますので、未払い残業代も合わせて請求したらいいと思います。早めに労...

0
回答日 2017年09月17日 22:33

有休消化も活用しながら、就業規則に規定された期間を確保して退職の日を記載した退職届を出したらいいと思います。労働者の数少ない自由として退職の自由があり、異動で迷惑を掛けないために退職することにも合理...

0
回答日 2017年09月17日 22:24
この回答がある質問
人事異動

傷害にまで至っているなら診察を受けて診断書をもらいカルテになぜそのような怪我を負ったのかを説明してカルテに記載しておいてもらったり、同僚の証言が重要なので、その内容を書面や音声などで客観的に確保でき...

0
回答日 2017年09月13日 20:22
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

認められないと思います。労働者の同意があって初めて天引きが許されると考えます。

0
回答日 2017年09月12日 20:06
この回答がある質問
給料

時間外割増賃金の計算や退職金などの基礎になることが多いことからすると、今回の変更は労働者にとって不利益変更で無効になる可能性があります。客観的な証拠が残るメールなどによって変更に同意できないというこ...

0
回答日 2017年09月12日 20:04
この回答がある質問
役職手当

できると思います。時効の問題(原則として2年)がありますので、早急に労働問題をよく担当している弁護士に相談して内容証明郵便で時効中断をするなど適切な行動をとってもらえればと思います。

0
回答日 2017年09月10日 23:17
この回答がある質問
休日出勤

まず、私物を取り戻すためにも(これがなくても同様ですが)、即日解雇について無効であるとして、地位確認と解雇以後の賃金を請求するのが最も行うべき事と思われ、また、未払いの残業代やハラスメント等の損害賠...

0
回答日 2017年09月10日 21:35

退職前提で話はしない方がいいと思います。むしろ、在職しながら現時点で就労ができないのでしたら、まずは傷病手当の手続きを行い、労災申請の準備もしつつその後、労災申請を行い、労災認定がなされたら、病状が...

0
回答日 2017年09月10日 10:11

1審から引き続いて控訴審を行う場合、安くなることはあると思います。 弁護士費用は固定ではなく得た利益を基に決めるやり方が多いように思います。

0
回答日 2017年09月09日 13:32
この回答がある質問
離婚・男女問題

契約の成否、契約が成立していても納期の合意がどの程度合ったのかなど争点は色々あるので、ご自身が一方的に悪いと思わずに主張すべきところは主張していって解決を図るのがいいと思います。例えば深夜の電話での...

0
回答日 2017年09月09日 12:54

脅迫罪に該当しうると思います。メールでのやりとりはエスカレートしやすいように思います(対面の会話より)。メールのやりとりをして何か打開するのは難しいように感じます。内容がエスカレートしてくるなら刑事...

0
回答日 2017年09月09日 12:50

面談する義務もないですし誓約書に署名する義務もありません。このような強引な家主でしたら、面談はしない方がいいと思います。また、誓約書にも署名すべきではないと思います。

0
回答日 2017年09月09日 09:14
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

単なるハラスメントの域を超えて、立派な暴行罪です。複数のバイト仲間と連帯しつつ証拠を確保(音声、映像、診断書、メール(例えば叩かれたならそのことをバイト仲間や友人に状況とともにやられた内容を具体的に...

0
回答日 2017年09月07日 23:04

メールで事実であろうがそうでなかろうが周知の状態に置くのは不相当と思います。可能性はあると思います。名誉毀損と言うかどうかはさておき損害賠償請求の対象にはなりうると思われます。ただ、認容されるにして...

0
回答日 2017年09月07日 00:01

一旦成立した退職の合意を一方的に覆すことはできないと思いますし、もし年次有給休暇があるならその全てを消化してから退職する方法も有効だと思います。また、未払いの残業代があるなら、その請求を行ったら金銭...

0
回答日 2017年09月04日 23:07
この回答がある質問
退職

ご本人の覚悟の問題や戦える環境(複数名連帯して戦う労働者の存在や外部の強力な支援)などによって在職しながら戦うことも十分可能です。労基法を恒常的に違反している会社に対して法律どおりに行動し会社に違法...

0
回答日 2017年09月03日 23:27
この回答がある質問
パワハラ

相手に与えるインパクトという面では仮処分の方があります。相手は仮処分の手続きに負けたら本訴裁判中も賃金を仮払いし続けなければならないというプレッシャーがあるのと本訴に移行できる労働審判では自ずと使用...

0
回答日 2017年08月31日 00:32
この回答がある質問
不当解雇

ローンの契約書に無断で所有権を移転することは期限の利益を喪失させる条項が入っていることが多いと思いますので、そうであればこのような危険にさらされる行為になると言う事になると思います。

0
回答日 2017年08月27日 00:34

嫌がらせであることが考えられます。ただ、離職票がなくてもスムーズには行かないですが、ハローワークと協議して仮受給の交渉をまずはやってみたらいいように思います。

0
回答日 2017年08月26日 19:54
この回答がある質問
離職票

もし可能でしたら、ご遺族サイドの方にご自身の安全を確保できるようにしつつ教えてあげたらいいように思います。口裏合わせの事実かつ、真実の労働実態が判明すれば、不支給決定は取り消され労災認定されると思い...

0
回答日 2017年08月26日 09:15
この回答がある質問
残業時間

偽造・変造の証拠であることは裁判所に明確に指摘しないとそのまま流れて言ってしまう可能性が高いので、指摘すべきですが、依頼されている弁護士とよく相談してどのタイミングでそれを明らかにするのかが効果的か...

0
回答日 2017年08月19日 18:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 30 件を表示/全 1,285 件

波多野 進弁護士へ問い合わせ

050-5854-9605

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談