弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
泉田 健司弁護士

泉田 健司弁護士 いずた けんじ

050-5887-0835

交通事故

交通事故賠償問題を重点的に取り扱っている事務所です。

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 人身事故 解決事例あり
  • 物損事故

争点

  • 後遺障害等級認定 解決事例あり
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償 解決事例あり

交通事故の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

当事務所は、大きく分けて4つの特徴がございます。

①経験豊富であること 
当事務所は、平成21年に開設以来、多数の交通事故被害者の依頼を受け、実績を積み重ねています。

②トータルサポートをすること
被害者は、事故をきっかけに右も左も分からない状態のまま、右往左往させられます。事故直後から、羅針盤として弁護士が必要なケースもたくさんあります。ですので、当事務所は、事故直後からためらわず受任いたします。

③分かりやすい料金体系
初回相談無料、着手金ゼロの完全報酬制で分かりやすい料金体系をとっています。

④地域密着
当事務所は、大阪府堺市に拠点があり、大阪南部の方のご依頼を多数引き受けています。

交通事故専用のHPはこちら⇒http://izuta-law.com/lp2/

この分野の法律相談

後遺障害の申請中ですが、なかなか結果が出ません。弁護士の先生方の経験からこの内容なら良い結果がでるとかこれじゃまず却下されるなどわかりますでしょうか? 内容は、首と手首の痛みが全く取れず、1年間整形外科に月1回通って、半年間整骨院に毎日通っていました。半年後、整骨院に週3~4日通い続けまし...

後遺障害の申請をしてから認定をもらうまでは、 早くて1か月、長いときは3か月程度かかるときがあります。 お書きになっている事情(通院日数等)からすれば、 後遺障害14級の認定が受けられる可能性が高いとは思います。 ただ、最近の傾向として、頸部捻挫の後遺障害認定は、 被害者に厳しくなっており、 症状の重篤性を重視する傾向があるように思います。 たとえば、通...

泉田 健司弁護士

交通事故の過失割合の基準が、判例タイムズや赤い本で示されていますが、これは二者間の衝突に限って、適用されるのでしょうか? 被害者と加害者の間に、他の車両や歩行者が絡んで事故が起きた場合、過失割合は全く異なってきますか? 以下の2例で、被害者・加害者どちらの主張が正しいのか、あるいは両方と...

例1については、被害者の主張が原則として正しいと思います。歩行者にわずかでも「被害者の損害に対して相当因果関係がある過失」があるならば、歩行者とセンターラインオーバー車両の共同不法行為になります。ただし、たとえば、歩行者が歩道ではなく車道を歩いていたとしても、通常の走行をしている車両ならば対向車線にはみ出してまでよけることなど通常は考えられないという事実関係...

泉田 健司弁護士

追突事故につきまして、相手側は、当方が意味のない急ブレーキをかけたためと主張しております。  意味が無いかと言われると、よくわかりませんが、当方は確かに急ブレーキをかけました。 ということで、急ブレーキの意味についての件も今後いろいろ有ろうかとは思いますが、これとは別に、タイトルに書きまし...

制限速度オーバーも過失の修正要素になります(追突車の過失が増える)。今回の事故態様ですと、速度オーバーしていたから追突事故を回避できなかったという意味で事故との因果関係のある過失になると思います。

泉田 健司弁護士

交通事故の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
着手金 ゼロ(交通事故被害者の場合)
成功報酬 20万円+経済的利益の10パーセント(税別)

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

「離婚問題こそ弁護士の力量が問われます」

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • DV・暴力
  • 別居 解決事例あり
  • 性格の不一致
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 親族関係
  • 飲酒・アルコール中毒

請求内容

  • 財産分与 解決事例あり
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

離婚問題は、どの弁護士も一定の取扱い経験があり、それなりの知識を有しています。しかし、後述の解決事例のように、弁護士でも落とし穴になりがちな点がたくさんあります。
当事務所は、開設以来多数の離婚問題に取り組んで参りました。その経験に裏打ちされた知識と、常に勉強を怠らない姿勢で、依頼者の最大利益の確保に取り組んでいます。

この分野の法律相談

婚約破棄をしたのですが、当初慰謝料50万円請求されていましたが、話合いをし慰謝料は請求しないと言われ、結婚にかかった費用2/3負担することになりました。 この場合示談書?和解書のようなものは必要でしょうか?

示談書の中に紛争の終結をうたう(債権債務なしの清算条項)ことによって、紛争の蒸し返しを防ぐことができます。逆に言えば、蒸し返される心配がないならば、とくに書面をまく必要はありません。法律家は、あらゆるリスクをなくすことを考えますので、少しでも可能性があるならば示談書の作成をお勧めすることになります。

泉田 健司弁護士

調停の際、話している話し声は、相手方や、自分の付き添いの人の待合まで、話は、筒抜けの場合があるのでしょうか。 それとも、調停員さんだけが聞こえるように防音、または漏れないように工夫されているものですか? よろしくお願いいたします。

調停室が防音設備まであるかわかりませんが、よほど大声でも出さない限り、調停室内の会話が廊下や待合室に聞こえるということはないと思いますよ。

泉田 健司弁護士

未婚で、女性と2人の子供をつくりました。 その女性から損害賠償を求められそうです。 向こうの女性の言い分は 1婚約不履行 2同居、扶養義務不履行 です。 2人の子供をつくり、認知していますが、向こうの女性とは戸籍を一緒にしたり、住所も一緒だったことはありません。 結婚しようと思ったことはなく、...

1 婚約があったかなかったかというのが問題になりそうですね。約束をしたかというのは、結局言った言わないのはなしになってしまうことが多く、それ以外の外形的事実、たとえば結納の有無、婚約指輪の交付の有無、両親への紹介の有無、結婚式場の手配の有無などで判断されます。今回は、実家に紹介しており、かつ、二人の子供もいるという点は、婚約があったという方向に働くと思います...

泉田 健司弁護士

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税別)
無料相談は実施しておりません。
着手金 30万円~50万円(税別)
成功報酬 20万円+経済的利益の10%(税別)

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる 解決事例をみる

遺産相続

緻密な事実調査と裁判例の調査等を通じて依頼者の最大利益の確保を目指します。

遺産相続の取扱分野

依頼内容

  • 遺言
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺留分減殺請求
  • 成年後見
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

相続が紛争となるとき、相手方は親族であるという点が大きな特徴です。感情が複雑に絡み合いますが、そんなときに、羅針盤となるのは弁護士です。弁護士が綿密に事実を調査して、冷静に法律上の主張を行い、依頼者の最大利益を確保します。

遺産相続

料金表をみる

この分野の法律相談

兄は、双極性感情障害(躁鬱病)と診断され、3か月精神病院に入院ののち、最近退院しました。 退院してきたら、同居していた奥さんはDVを理由にし、離婚を前提に兄名義の通帳と自分名義の通帳を持ち、すでに家から退去して行方不明です。今現在は、奥さん側の弁護士を通してのみ連絡がつく状態です。 兄名義の通...

「母に断りなく」振り込んだという言葉尻を取れば、返金請求ができると思いますが、毎年100万円単位のお金をお兄さんとその妻に振り込んでいてお母さんが気付かなかったというのは、よっぽど特殊な事情がない限り、ありえないことに思えます。つまり、「断りなく」とは言いにくく、お母さんも、贈与を追認していたというふうに第三者には見えます。そうなってくると、贈与したものを返...

泉田 健司弁護士

遺産分割協議についての質問です。 祖父の遺産相続で、父が祖父より早く亡くなっているため代襲相続します。 祖母から遺産分割協議書に捺印するように言われていますが 税理士さんが作成した書類は「預貯金      円」という様に 財産の金額部分の記載がない状態です。 もらう遺産の金額は口頭で言われて...

遺産分割協議書に遺産の内容が書かれていないとか、遺産の内容の開示をしないとか、お書きになっている事情からすると、意図的に遺産を隠しているとしか思えないですね。本来権利がある法定相続分よりも相当少ない額の提案を受けているの疑いが濃いです。 捺印を断って当然に思えます。遺産の開示を受けるまで捺印はしないといってみられたらいかがでしょうか。

泉田 健司弁護士

現在別居中で別居期間は約2年です。妻の性格がいやで家を出ました。妻は高校の教員をしており収入は十分あります。妻は別居することや他の女性と付き合うことなどは認めているのですが離婚を認めません。このままの状態でもし私が死ぬと財産は妻にいくと思いますがそれが耐えられません。それが目的で離婚に応じな...

遺言の場合、妻には遺留分(遺産の4分の1)がありますので、妻が遺留分減殺請求をすれば財産が流れます。 また、生前にお子さんに財産を贈与したとしても、特別受益として持戻される可能性が考えられます(持戻しを免除しても遺留分を侵害する部分についてはやはり妻に財産が流れます)。ただ、この場合、贈与等の財産移転が行われたという立証の負担を妻側がすることになりますから、...

泉田 健司弁護士

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回相談のみ30分無料で承ります。
30分以上御相談の場合は、30分以降分に対し通常の法律相談料30分毎に5000円(税別)を頂きます。

例えば、初回ご相談で1時間御相談された場合は
0円(無料相談分)+5400円(通常の法律相談料)=5400円の法律相談料となります。
着手金 30万円~50万円(税別)
成功報酬 経済的利益の10%

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

「いつでも高いリーガルサービスを」

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • 渉外法務
  • 倒産・事業再生
  • 知的財産・特許
  • 人事・労務
  • M&A・事業承継

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

企業法務・顧問弁護士の特徴

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

当事務所は、京都大学法学部卒の弁護士3名を擁し、
相互に連携をとりながら、
質の高いリーガルサービスの提供を心がけています。
個別の弁護士が獲得したノウハウを全員で共有したり、
個別の案件でも複数の弁護士が協議しながら事件処理に当たることにより、
質の高いリーガルサービスを担保しています。

企業は、実に様々な法律問題を抱えています。
そのため、企業規模がある程度まで成長した場合には、
弁護士との顧問契約が必須となってきます。
特に中小企業にとって、顧問弁護士は、
法務部の外注としての性質があります。
これまでなんとなく処理してきた法的問題も、
弁護士に相談することにより、
企業コンプライアンスを高めることができます。

顧問契約の内容は以下のとおりです。
1 契約書のチェック、作成(原則、顧問料に含まれる)
  各企業ごとの特殊性に応じてオリジナルの契約書を作成します。

2 就労規則の制定(原則、顧問料に含まれる)
  就労規則をきちんと作成する、これが労働問題の発生を未然に防ぐ第一歩です。
 各企業の業態に応じたオリジナルの就労規則を作成します。

3 法律相談(原則、顧問料に含まれる)
  法律相談は、何度でも顧問料の範囲内で行います。
  また、顧問契約をいただいている方限定で、
  電話やメールでの法律相談も無料で承っております。
  来所する時間が取れない場合でも、すぐに御相談頂けます。

4 訴訟対応(費用別途)
  突然訴状が送られてきた!という場合でも、迅速に対応致します。
  訴訟対応については、顧問料とは別に、
  着手金、報酬金をいただくことになります。
  ただし、顧問契約がない場合に比べ、着手金は2割程度の割引をいたします。

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

項目 費用・内容説明
費用について 顧問契約を頂いている場合の費用について。

○法律相談料    無料
 ※顧問契約を結んで頂いている方及び会社・団体に関する案件に限ります。

○顧問料  月々3万円(税別)~
 事業規模・相談数に応じて変化します。

○(訴訟対応の場合の)着手金
 顧問契約をいただいている場合には、
 通常料金の20%OFF程度でお受け致します。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

借金・債務整理

借金問題は、一般的にいって解決できない問題ではありません。
しかし借金の事情は様々です。
返済に関する、個々のどうしよう?どうすればいいの?に対して、
弁護士が個々の事情に沿った解決方法をいくつかご提示します。
まずは一度ご相談下さい。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

借金・債務整理の特徴

  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

法律はいくつかのメニューを用意して、借金問題の救済を図っています。
多くの方が、弁護士に依頼することにより、経済的再生を果たしています。
以下、借金問題の解決のプロセスを簡単に紹介します。

1.任意整理手続
多くの業者は、弁護士の介入により、将来利息の全部を免除し、分割払いに応じてくれます。いつまでたっても返済が終わらないという状況を打破できるのです。

2.破産手続き
上記の任意整理手続は、少なくとも毎月一定額の支払いが出来る方に妥当します。借金の総額が多すぎる方、収入が少ない方には手続が困難となる場合があります。そういう方の場合は、破産手続きをお勧めします。

破産手続きは、簡単に言うと借金をチャラにする裁判手続です。一定の不許可事由(ギャンブル、財産の不当な処分等)がなければ、免責(債務が免除されること)の許可が下ります。

破産手続きをとることによる主なリスクは以下の通りです。

① 資産がある場合には、それは原則としてすべて換価して債権者に分配されます。たとえば、不動産や車、高価な貴金属などは失う可能性があります。また、解約返戻金のある保険に加入している場合、解約して解約返戻金を債権者に分配しなければならないことがあります。
② 免責決定を受けた者として、官報に掲載されます。ただし、一般の方は、官報など読みませんので、近所や職場には破産手続きを取ったことは通常分かりません。
③ 手続の間は、警備員等一定の職に就けません。
④ 金融機関等が閲覧する信用情報に破産手続きをとったことが載ります。そのため、ローンを組めず、銀行等からの借り入れもできません。約7~8年くらいはこの状態が続くといわれています。

3.再生手続
この手続の特徴は、住宅ローンのみそのまま払い続けながら、他の債務を概ね5分の1に圧縮して、それを3年間の分割払いで支払っていく点にあります。

つまり、住む家を確保しながら、他の債務を圧縮の上、返済していく方法です。これも裁判所の手続を経る必要があります。
もっとも、住宅ローンのない方も、債務の圧縮だけをしてもらって返済していくこともできる手続です。

借金・債務整理

料金表をみる

この分野の法律相談

昨年、1社返済が終わり現在2社返済中です。ラジオやテレビのCMでよく過払いしていたお金が戻ってくると耳にするのですが戻ってくる事はあるのでしょうか?裁判所から通知が来て委託の債権回収会社に連絡し一括で全額返済しなければならないところを毎月分割にしてもらい今年6月で返済開始から4年になります。家庭も...

取引開始がいつごろからでしょうか。数年前から消費者金融も利息を引き下げていますので、取引が十数年以上に渡っていないと過払いになっている可能性は乏しいと思います。 過払いというのは、利息制限法所定の金利(100万円未満18パーセント等)を越える金利の支払いが元本に充当されることによって生じる払いすぎた金員がある状態のことをいいます。

泉田 健司弁護士

自己破産から3年くらい後、離婚して性が変わったので、結婚歴と、免許証なしという虚偽の申告でカードを作りました。 これは立派な犯罪になるのですよね? どのような罪になるのでしょうか… 安易に作ってしまって反省しております。 滞納は一切ありません。 一括で返すのは無理な金額なので、一括でといわれて...

虚偽の事実を告げてお金を借り入れたという点で詐欺罪に該当する可能性はあるかもしれません。しかし、実際問題、巨額を借り入れたという場合でもない限り、そのような訴追を受ける可能性はきわめて低いでしょう。そもそもとして、約定どおり返済していれば、債権者もそのような調査などしないでしょう。

泉田 健司弁護士
調査官報告書について 2015年07月09日

度々お世話になります。 嫁の方から、子の引き渡し審判を申し立てられておりまして、先日調査官の方が家庭訪問に来て現在の子供の様子や居住などを見てもらいました。 ちなみに嫁の方には調査官の面談も訪問もありません。 調査官報告書が届きまして、現在の監護は安定的な養育がされているということができる。...

十分有利な内容かと思います。一方当事者だけの調査であっても、裁判所の調査官の調査は、裁判所が自ら調べた結果なので、審判に当たっては大きく斟酌されるでしょう。

泉田 健司弁護士

借金・債務整理の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 無料
※事前に御予約頂き、来所でのご相談30分

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
泉田法律事務所
所在地
〒590-0079
大阪府堺市堺区新町4-7材庄ビル5階
最寄り駅
南海高野線 堺東駅(西口より徒歩5分)
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
2 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 渉外法務
  • 倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 渉外法務
  • 倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5887-0835

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日及び夜間に法律相談御希望の方は事前にメール又はお電話にてお問合せ下さい。
対応地域
泉田法律事務所へ問い合わせ

050-5887-0835

※泉田法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日及び夜間に法律相談御希望の方は事前にメール又はお電話にてお問合せ下さい。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
泉田 健司弁護士
泉田 健司弁護士