弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野
田部井 大輔弁護士

田部井 大輔弁護士 たべい だいすけ

050-5285-4324
現在営業中
09:00 - 18:00

交通事故

交通事故案件の経験を生かし、分かりやすく具体的なご説明と丁寧なお打合せを心がけ、適切な賠償と解決を実現できるよう、尽力いたします。まずはお気軽にご相談ください。

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

交通事故の特徴

  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【経験と実績】
とりわけ5年前からは多くの交通事故案件を担当し、被害者側はもちろん加害者側についても、事故直後の対応、保険会社による治療費打切り・示談案提示への対応、示談交渉、後遺障害等級認定結果への不服申立て、自賠責への被害者請求、損害賠償請求訴訟、といった各局面における対応を経験してきました。

こうした実務経験を生かし、相談に際しても事件処理に際しても、事件の見通し、現在どのような状況にあり、何が問題になっているか・なりうるか、今後のために何をするべきか、といった点を分かりやすくご説明することを心がけております。


【費用と特徴】
お金の心配をせずにじっくりお話しいただき、具体的なアドバイスができるようにするため、初回相談は60分まで無料です。

弁護士費用特約を利用される場合、原則として、弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

弁護士費用特約がない場合でも、被害者側の方については、着手時には着手金は頂かず実費のみをお預かりし、事件終了時に、得られた経済的利益から計算した報酬金額に21万6000円(税込)を加えてお支払い頂くという報酬基準を採り、経済的なご負担が緩和されるよう配慮しております。

法律相談時に、着手金・報酬金の見積りを提示いたします。


【重点取扱案件】
示談交渉、交通事故裁判、後遺障害等級認定、自賠責保険金の請求など


【よくあるご相談】
・交通事故に遭い、相手の保険会社から連絡等が来ているが、今自分がどういう状況に置かれていて、今後何がどうなっていくのか、どういうことに気をつけておけばいいのかなど、何がなんだかよく分からない。
・相手の保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われ、どうしたらいいか分からない。
・相手の保険会社から示談案を提示されたが、これが妥当な内容なのか知りたい。
・後遺障害の等級認定の結果に納得がいかない。
・過失割合・事故態様について、相手方の主張・言い分に納得がいかない。
・加害者が任意保険に加入していない上に、不誠実な対応をされ、困っている。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
交通事故事件では、特に事故後の初期の段階では、そもそも今自分がどのような状況に置かれていて今後どうなっていくのか自体よく分からず、混乱してしまうことが多々あります。
私自身、学生時代に交通事故に遭ったとき、混乱し、大いに悩んだ経験があります。

このため、法律相談に際しては、今ご本人の置かれている状況と今後の流れ・見通しが分かりやすいようにご説明するよう心がけております。
また、初回の法律相談料を60分まで無料とし、時間を気にせずにじっくりとお話しやご質問を頂けるようにし、かつ、ご回答・ご説明も時間をかけて具体的に丁寧に行えるようにしております。
そして、相談時に、ご依頼いただく場合の弁護士費用の見積りを示すようにしています。

仮に、当面は弁護士に依頼せずご本人で対応される場合でも、どのような点に気を付けるべきか、相手方の主張に対しどのような反論がありうるか、どのような資料を用意するべきか、など、これまでの実務経験に基づいて、その事案に応じた具体的に役立つアドバイスを行い、単なる知識の羅列以上のものを持って帰って頂けるように心がけています。

交通事故

料金表をみる

交通事故の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回60分まで無料。それ以外は、30分ごとに5,400円(税込)
着手金 【交通事故の被害者側の方について】
 0円
【それ以外の方について】
 21万6000円(税込)~ 
 (事案の内容、予想される業務量等によって上下します。)
報酬金 【交通事故の被害者側の方について】
 21万6000円(税込)+経済的利益の16.2%(税込)
【それ以外の方について】
 経済的利益の16.2%(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
弁護士費用特約をご利用の場合、着手金・報酬は、別の基準に従います。弁護士報酬や実費は、当該保険会社に対し「弁護士費用特約」に基づいて請求することになりますので、原則、ご依頼者様にご負担いただく必要はありません。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

【初回相談無料。安心の料金体系】あなたの再出発を全力サポートします。お悩みの借金問題につき最適な解決方法を経験豊富な弁護士がご提案します。安心してご相談下さい。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

借金・債務整理の特徴

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 分割払いあり

【費用と特徴】
○初回60分まで相談無料
・お金・時間のご心配なく、じっくりとお話しいただき、具体的なアドバイスをいたします。
・解決策のメリット・デメリットを含め、わかりやすくご説明します。

○弁護士費用について
1 法律相談の際に、費用総額を明確に分かりやすく説明します。
2 費用のおよその目安
  ・任意整理:債権者1件につき2万1600円(税込)~
  ・自己破産申立(個人・同時廃止):着手金21万6000円(税込)~
  ・自己破産申立(個人・管財事件):着手金32万4000円(税込)~
  ・会社の破産申立(管財事件):着手金54万円(税込)~
  ※管財事件は別途、裁判所への予納金が必要です。
  ※過払金を回収した場合、別途、報酬金が生じます。
  ※詳細は、「料金表」をご覧ください。
  
3 金銭的な余裕がない方については、分割払のご相談にも応じます。法テラスの民事法律扶助制度の利用も可能です(※事案の内容によります。)。

【重点取扱案件】
 法人・個人破産申立、任意整理、個人再生、過払金請求など

【経験と実績】
 弁護士登録以来、個人破産申立て、法人破産申立て、個人再生申立て、任意整理、過払金請求、と実務経験を積んできました。
 とくに、破産事件については、申立代理人としてだけでなく、破産管財人としても実務経験を積んでいます。
 このため、破産申立事件においても、「申立後、裁判所や管財人の側から指摘されそうな問題点がないか。あったとして、どのようにフォローできるか」といった視点を常に意識しています。

【よくあるご相談】
・消費者金融数社から借入と返済を続けてきたが、これ以上の返済がしんどい。
・破産申立てをするのには抵抗がある。破産以外の方法で何とかすることができないか、相談したい。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【サポート体制】
 借金問題では、「経済的な再生」(生活の再建)が、最終的な目標です。
 破産申立、任意整理、個人再生申立は、いずれもその目標の実現に向けた手段です。

 毎月の借金返済で苦しまれている場合、「もうこれ以上は本当に無理」という限界が来てしまってから、ご相談頂くことが多いです。
 しかし、限界ぎりぎりになってしまう前に、なるべく早めに弁護士にご相談頂くことで、生活の再建・第2のスタートを前倒しにできることもあります。

 当事務所では、お気軽にご相談いただけるよう、初回相談は60分まで無料にしております。
 また、費用につきましても、ご依頼者の経済状況に応じて、無理のない額とお支払方法を提案できるよう、心がけております。

 お一人でお悩みになられず、まずはお気軽にご相談ください。

借金・債務整理

料金表をみる

借金・債務整理の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回60分まで無料。それ以外は、30分ごとに5,400円(税込)
着手金・報酬金 【任意整理事件】
・着手金:債権者1件につき2万1600円(税込)~
・報酬金:
  減額があった場合
     減額分の10.8%
  過払金の返還があった場合
     回収額の21.6%(訴訟によらない場合。税込)
     回収額の27%(訴訟による場合。税込)
着手金・報酬金 【破産申立事件】
1、個人の破産申立事件
(1)同時廃止事件
   着手金:21万6000円(税込)~
   ※過払金を回収した場合、別途、報酬金が発生します。
(2)管財事件
   着手金:32万4000円(税込)~
   ※別途、裁判所への予納金が必要になります。
   ※過払金を回収した場合、別途、報酬金が発生します。
2、会社の破産申立事件
   着手金:54万円(税込)~
   ※別途、裁判所への予納金が必要になります。
   ※過払金を回収した場合、別途、報酬金が発生します。

  ※過払金を回収した場合の報酬金
   訴訟によらずに回収した場合、回収額の21.6%(税込)。
   訴訟によって回収した場合、回収額の27%(税込)

【個人再生事件】
  着手金:43万2000円(税込)~
  ※別途、実費が必要です。
  ※過払金を回収した場合、別途、報酬金が発生します。
   訴訟によらずに回収した場合、回収額の21.6%(税込)
   訴訟によって回収した場合、回収額の27%(税込)

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

労働問題

労働は生活の基盤であり、日々の生活に大きく関わるものです。迅速な解決に向け尽力いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

労働問題の取扱分野

原因

  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇

労働問題の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【経験と実績】
労働者側・使用者側のいずれの代理人としても実務経験があります。
不当解雇や残業代請求など、多くの事案に対応してきた経験を生かし、ご相談時に具体的な見通しをご案内いたします。


【費用と特徴】
着手金・報酬金は、当事務所の報酬基準に基づいてご提示しますが、事案やご依頼者の経済状況に応じて、柔軟に対応いたします。


【重点取扱案件】
不当解雇、残業代請求など


【よくあるご相談】
・解雇を言い渡されたが、解雇理由に納得できない。
・実際の残業時間と残業代の額がかけ離れている。
・問題のある社員を解雇したい。
・退社した社員から未払い残業代の請求を受けている。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
相談にお越し頂きやすいよう、土日祝日の法律相談も承っております。
相談時に、ご依頼いただく場合の弁護士費用の見積りを示すようにしています。

労働問題

料金表をみる

労働問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,400円(税込)
着手金 21万6000円(税込)~
報酬金 得られた経済的利益の17.28%(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

遺産相続

分かりやすく具体的なご説明とご報告・丁寧なお打合せを心がけ、依頼者にご納得頂いた上での適切な解決を目指し尽力します。まずはお気軽にご相談ください。

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 初回相談無料
  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【経験と実績】
弁護士登録以来、遺産分割協議、遺言書作成などの相続問題に携わっており、相続をめぐる様々な立場の方(たとえば、将来に備えて遺言をしておきたい方、他の兄弟に取り込まれている遺産の分割を求めたい方、故人の債務状況が分からず相続放棄するべきか否かお悩みの方、など)の代理人として、活動してきました。

成年後見申立事件や、成年後見人としての実務経験もあり、将来相続が発生するに至るまでの間の財産管理にご不安が生じる可能性のあるような事案にも、対応可能です。


【費用と特徴】
お金の心配をせずにじっくりお話しいただき、具体的なアドバイスができるようにするため、初回相談は60分まで無料にしております。

法律相談時に、着手金・報酬金の見積りを提示いたします。

着手金・報酬金は、当事務所の報酬基準に基づいてご提示しますが、事案やご依頼者の経済状況に応じて、柔軟に対応いたします。


【重点取扱案件】
遺産分割協議、遺言書作成、遺言執行、遺留分減殺請求、相続放棄、成年後見・任意後見など


【よくあるご相談】
・自分が死んだ後、妻や子ども達が相続で揉めないよう、今のうちに遺言書を作るなどしておくべきかと思っているが、具体的にどうすればいいのか、よく分からない。
・親と同居していた兄弟が、親の財産を事実上管理していたが、親が亡くなった後、親にどのような財産があったか等、一切、教えてくれない。
・亡くなった親と同居していた兄弟に有利な内容の遺言書が出てきた。本当に、親が真意で作った遺言なのか疑問があり、納得できない。どうすればいいだろうか。
・老齢の親と長年同居し世話をし続けてきた。親が亡くなった後、他の兄弟から、親の財産を使い込んできたのではないか、遺産を取り込んでいるのではないか、等と突き上げられ、困っている。
・遺産分割の話合いをしているが、話し合いがなかなか進まず、困っている。
・同居している親に、認知症の症状が現れてきてしまった。親にはかなりの額の財産があり、事実上、自分が管理しているが、後日、親の財産の管理のことで、他の兄弟たちとトラブルが生じないか心配している。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
遺言・相続問題は、親族間での感情的な対立が伴う上に、事実関係も入り組んで複雑になってしまっていることが多く、しかも、相続に関する法律や実務運用は、専門職でない多くの方にとって、なじみがなく難解なものになってしまっております。

このため、当事務所では、ご来所いただいてのご相談の場合、初回の法律相談料を60分まで無料とし、時間を気にせずにじっくりとお話しやご質問を頂けるようにし、かつ、ご回答・ご説明も時間をかけて具体的に丁寧に行うよう心がけております。

また、ご年配の方にとっては、法律事務所までお越しいただくこと自体が大きなご負担になることも多々あります。
このため、当事務所では、ご年配の方のため、出張法律相談も行っております(要予約。なお、交通実費、及び、出張法律相談料として相談時間30分につき5400円(税込)を頂いております。)。

遺産相続

料金表をみる

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 初回60分まで無料。それ以外は、30分ごとに5,400円(税込)
着手金 【遺産分割】
 着手金:32万4000円(税込)~
 ※遺産の規模、調査等に要する労力、事案の難易度等によります。
【遺言書作成】
 手数料:10万8000円(税込)~
 ※財産額、調査等に要する労力、事案の難易度などによります。
報酬金 【遺産分割】
 報酬金:得られた経済的利益の16.2%(税込)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分かりやすく具体的なご説明とご報告・丁寧なお打合せを心がけ、依頼者にご納得頂いた上での適切な解決を目指し尽力します。まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【経験と実績】
弁護士登録以来、夫側・妻側、離婚を求める側・離婚を求められる側、不貞を主張する側・される側、など、さまざまな立場の依頼者の代理人として、離婚問題の解決に当たってきました。

また、自宅建物が親族の土地上にある場合や、養育費算定表の上限を超えた収入がある場合の養育費算定など、やや特殊な事案の経験もあり、事件解決の必要上、勉強や研鑽を欠かさず行っております。

通り一遍の知識を羅列するのではなく、より掘り下げた問題意識をもって、依頼者が直面されているそれぞれの事案に応じた具体的なご助言・ご説明を行い、依頼者の正当な利益を守り・確保し、適切な解決につなげられるよう、心がけております。


【費用と特徴】
法律相談時に、着手金・報酬金の見積りを提示いたします。

着手金・報酬金は、当事務所の報酬基準に基づいてご提示しますが、事案やご依頼者の経済状況に応じて、柔軟に対応いたします。


【重点取扱案件】
財産分与、親権、面会交流、慰謝料請求、婚姻費用・養育費請求など


【よくあるご相談】
・別居しており、これから離婚に向けた話し合いをしたいのだが、相手が話合いに応じず、困っている。
・財産分与を求めたいが、財産が隠されてしまっていて分からない。
・離婚にあたって、慰謝料、養育費を請求したい。
・不貞をされた。パートナーとその浮気相手に対し、慰謝料を請求したい。
・別居するとき妻が連れて行った子どもと、面会したい。
・住宅ローンの残っている不動産があるのだが、どうすればいいのだろうか。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


【サポート体制】
離婚問題・男女問題は、どのように対応するか次第で、その方の今後の人生に極めて重大な影響を及ぼすことになります。
そして、夫婦(あるいはパートナー)お2人の間だけにとどまらず、お子様、ご家族の人生にも重大な影響が生じることになります。
また、多くの場合、財産分与、親権、養育費、面会交流、慰謝料、といった難しい問題に対応していく必要があります。

近時は、インターネットのホームページでも、離婚・男女問題についての情報が極めて多く掲載されており、こうした情報を参考に、自分たちで問題解決しようとお考えの方も多くおられると思います。
ただ、離婚問題・男女問題は、極論してしまえば、今まで築いてこられた家庭関係・生活関係を、どのように清算するかという問題に他なりません。
そして、夫婦・パートナー間でどのような家庭関係・生活関係を築いてこられたかが千差万別である以上、情報として大量流通している断片的な一般論が、そのままご自身の問題解決のために使えるのか・参考にできるのかは、お考えいただく必要があるかと思われます。

当事務所では、法律相談について、ご回答・ご説明を具体的に丁寧に行うよう心がけております。
そして、通り一遍の知識の披露にとどまることなく、相談者・依頼者が直面されているそれぞれの事案に応じた具体的なご助言・ご説明を行い、その正当な利益を守り・確保し、適切な解決につなげられるよう、心がけております。

離婚・男女問題

料金表をみる

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,400円(税込)
着手金 【交渉・調停事件】
  着手金:21万6000円(税込)~
【訴訟事件】
 ○訴訟から受任する場合
  着手金:32万4000円(税込)~
 ○交渉・調停から受任していた事件が訴訟に移行した場合
  着手金(追加着手金):交渉・調停事件受任時に頂いた着手金の2分の1
報酬金 【交渉・調停事件】
 21万6000円(税込)~
 ※財産分与・慰謝料など財産給付を伴う場合
  別途、経済的利益の額の16.2%(税込)を加算します。
【訴訟事件】(交渉・調停事件から移行した場合を含む)
 32万4000円(税込)~
 ※財産分与・慰謝料など財産給付を伴う場合
  別途、経済的利益の額の16.2%(税込)を加算します。
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
田部井法律事務所
所在地
〒590-0079
大阪府堺市堺区新町4-22工電舎ビル3階
最寄り駅
堺東駅から徒歩7分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5285-4324

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
まずはお気軽にお問合せ・ご予約ください。
電話受付:
午前9時~午後6時(月~金)
(※ただし、日によっては、営業時間が異なる場合がありますので、予めご了承下さい。)
平日の夜間法律相談(夜7時までにご来所)もあります。
土・日・祝日も、事前にご予約いただけば、法律相談可能です。
対応地域
田部井 大輔弁護士へ問い合わせ

050-5285-4324

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
まずはお気軽にお問合せ・ご予約ください。
電話受付:
午前9時~午後6時(月~金)
(※ただし、日によっては、営業時間が異なる場合がありますので、予めご了承下さい。)
平日の夜間法律相談(夜7時までにご来所)もあります。
土・日・祝日も、事前にご予約いただけば、法律相談可能です。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
田部井 大輔弁護士